極上ビーチリゾート!地中海に浮かぶリゾート・サルデーニャ島へ子連れトリップ

こんにちは。
子連れ旅行の行き先を決める時にはついついビーチリゾートが気になりますよね。観光で街ナカを巡るのも良いですが、やっぱりのんびりと朝から晩までホテル&ビーチで過ごすスタイルが忙しいワーママには人気です。特にイヤイヤ期絶頂の1-2歳児の場合、泣き声や叫び声も波に消えてしまうので気持ちがラクなのも本音(笑。


今回はヨーロッパ屈指のリゾート地、イタリアのサルデーニャ島のビーチリゾートをご紹介。ローマやミラノだけでなく、ロンドン、パリなどのヨーロッパ主要都市からフライトが多く就航しており、LCCを使えば片道5千円〜一万円でも行けてしまうお手軽さが魅力的です。ヨーロッパ子連れ旅行の合間のリゾート滞在としてもオススメです!

世界中のセレブを虜にするエメラルド海岸


ハリウッドスターから世界の大富豪の別荘が並ぶことでも有名なサルデーニャ北部の都市オルビア(Olbia)のエメラルド海岸は旅好きなら一度は訪れたい聖地。
ローマから船で行くこともできますし、ヨーロッパ主要都市からのフライトも多数あるので便利です。


有名なビーチの近くにはお土産屋さんが充実。お砂場セットから水着までノーブランドのものなら比較的リーズナブルに揃います。


Sardegnaのロゴが入ったミニバレーボール(6€)、ドイツ製のしっかりとした幼児用の浮き輪(15€前後)、Tシャツをゲットしてビーチに向かいます。ちなみに今回向かったのはエメラルド海岸の最南端、リゾートの中でも庶民的なビーチリゾートタウン・ラカレッタ(LaCaletta )。

ビーチまでベビーカーで乗り上げるのが現地流。車輪が大きい海外のベビーカーのなせる技ですね。


パラソルのシステムは世界共通。一日10€で貸し出しをしていました。


エメラルド海岸のビーチはどれも白砂で湾になっているので穏やか。遠浅のビーチが多いので子連れには安心です。

ビーチ後には極上イタリアン


南イタリアに位置するサルデーニャはグルメの島としても有名。アラゴスタと呼ばれる伊勢海老から、ウニ、からすみを使ったシーフード料理が有名。トマトベースの味付けが多いので、子どもにもオススメ。こちらはムール貝と海の幸のリゾット。


また羊飼い野島としても有名で、羊のチーズをたっぷりかけたマッロレドゥスと呼ばれるマカロニパスタも絶品。2歳児もパクパクたべていましたよ。


ちなみに大抵のミニスーパーには瓶詰め離乳食があります。イタリアでは離乳食を手作りするよりも、瓶詰めを使うのが主流らしく、ボリュームも多いのが特徴。


オムツもパンパース市場で大抵のスーパーにはおいてありました。が、日本のパンパースと比べて若干クオリティは低め(特に消臭性能)。価格も高めなので、持参をオススメします!

地方空港とは思えない充実のオルビア空港


ヨーロッパ屈指のリゾート地だけあり、お土産からレストランまで充実のオルビア空港。郷土料理や地元の食材を販売するマーケットから、子ども向けのお土産グッズもたくさん!特にサルデーニャ島の織物製品や珊瑚アクセサリーが素敵。

いかがでしょうか。
サントリーニ島や南仏に並びヨーロッパ有数のビーチリゾート・サルデーニャ島。ヨーロッパ子連れ旅行のご参考にしていただければと思います。
インスタグラムでも日々、世界の赤ちゃん連れ&幼児連れ海外旅行情報をシェアしていますので、ぜひ #ベビトリップ で検索してみてくださいね。

Comments

comments

関連記事

  1. 本当に「今」いかなきゃいけないの?私たちは赤ちゃん連れ海外旅行に反対します。

  2. 親子で大変身!韓服で手軽に自由撮影 in ソウル

  3. ニューカレドニアで美味しいフランスパンを食べるならここ!!イートインスペースもあるL’atelier Gourmand

  4. 赤ちゃん連れ海外旅行!ママのカバンの中を見せちゃいます!Vol.2<機内編>

  5. 基本は弾丸旅行。ママ単身旅行のノウハウ!

  6. イートインスペースが充実!台北のコンビニ事情。